スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京急電鉄1000(Ⅰ)形1341編成

FTFの3Dパーツの床下機器を付けました。
台車はGMのままです。
1


20170617_104120.jpg
20170617_104146.jpg
20170617_104101.jpg

スポンサーサイト

京成電鉄3500形更新車

昨年発売されたMA社の京成3500形更新車、基本・増結購入しました。
前面や側面は悪くないものの、パンタ周りの配管と狭幅貫通路の妻板を
原形車と共用しているのは、かなり雰囲気を損なっています。

配管については、原形と更新時にパンタ換装したグループしか
金型は作らない方針のようです。
同時発売の芝山は更新車の配管になっていますから。

北方と南方で線対称となるから2種類必要だし、
2×2で4通りで限界ということでしょうか?

妻板はガラスパーツを3600形と共用したのではないでしょうか?
原形車でもサイズが異なります。更新後はHゴム支持ではありません。

というわけで、山側のヒューズ箱撤去、その配管の切削、
角張ったクーラーはG社のパーツに換装、IRアンテナも
G車に換装を進めています。
ヒューズボックスもG社のものに換装予定で、
パンタグラフはT社に換装予定です。


京急電鉄1000(Ⅱ)形1025編成

FTFの3D台車に交換しました。


キハ47 四国

以前、購入していたT社のキハ47です。
そのままでは、面白くないので、1990年代前半の姿にします。
せっかくなので、DMMクリエーターズマーケットでDT44台車を
見つけたので、発注し、新潟から転属してきた寒冷地型
にすることにしました。


ガラスパーツは手元にあった、寒冷地型一般色と
交換し、グレーHゴムにしました。
水タンクも交換しました。
20160211_220544.jpg
前面種別幕Hゴムをグレーに塗装、
車番、所属等標記を入れて、
無線アンテナ取り付け穴を埋め
屋根を塗りなおせば完成となります。

四国では、列車無線アンテナは当初
本州に乗り入れる特急型、111系、
ジョイフルトレインのレインボー、旅立ち、
ディーゼル機関車のみに取り付けられ、
その他の車にとりつけられたのは後年の
ことです。

キハ185系

マイクロの185系DC。
4両編成の特急宇和海に仕立て上げました。
無線アンテナをKATO、信号炎管を銀河に
交換しました。

20151205_221205.jpg

カプラーは全てTNカプラーに交換しました。
エアーホース付にしたいので、
キハ40系用のグレーとキハ58用のスカートを
組み合わせました。

元の取り付け用の突起を削り取り、
新たに穴をあけプラ棒を埋め込みました。
ただ片側一か所になってしまうので、
前に向かって下側に下がり勝ちです。

そこで後ろ側を平滑にしないようにして
敢えて下げることで、前側で下がらないように
しています。



20151205_221239.jpg
プロフィール

komatsukojo

Author:komatsukojo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。